餃子の王将 渡辺直人社長の年収や経歴は?年齢や学歴も紹介!

王将フードサービス株式会社(餃子の王将)の現在の社長である渡辺直人(わたなべなおと)氏が、TBSのテレビ番組『坂上&指原のつぶれない店』に出演します。

そこで今回の記事では、中華料理チェーン店として年商816億円を誇る餃子の王将の渡辺直人社長の、年収、経歴、年齢、学歴、などについて、ご紹介していきます。

餃子の王将 渡辺直人社長の年収はいくらぐらい?

餃子の王将の運営会社である王将フードサービスは、資本金81億円、売上高816億円、従業員数2000名以上、店舗数は国内外含めて合計719店舗という規模を誇っています。海外では、中国の大連市、台湾の台北市と高雄市、に店舗があります。

そんな大手飲食チェーンの餃子の王将の運営会社である王将フードサービスの、渡辺直人社長の年収はいくらぐらいなのでしょうか?

王将フードサービスは東証1部上場企業ですので、公開されている有価証券報告書を見れば、役員報酬を調べることができます。さらに、個々の役員報酬が1億円を超える場合は、具体的な個々の金額を調べることもできます。

・・・ということで早速、王将フードサービスの有価証券報告書を調べたところ、渡辺直人社長個人の具体的な年収は公開されていませんでした。

ですが、役員報酬の総額や役員の人数は記載されていますので、そこから渡辺直人社長のおおよその年収を推測することができます。

王将フードサービスの役員報酬の総額は3億2100万円で、役員は14名となっており、そのうち、8名が社内取締役、6名が社外取締役・社外監査役、となっています。

有価証券報告書の役員報酬の事項の中に「取締役の報酬等は年額4億円以内(うち社外取締役は5千万円以内)」との記載がありましたので、役員報酬の総額は3億2100万円のうちの90%程度が、社内取締役8名に割り当てられていると考えられます。

そうなると、社内取締役8名の平均役員報酬は3500万円程度になりますが、渡辺直人社長はトップなので取り分は少し多くなり、渡辺直人社長の年収は4500~5000万円程度と推測されます。

叩き上げのサラリーマン社長で、これだけの年収を得られることを考えると、夢がありますよね。

餃子の王将 渡辺直人社長の経歴は?

渡辺直人社長の経歴について調べてみました。

  • 1995年生まれ、大阪府出身。
  • 1979年、桃山学院大学経済学部卒業、王将チェーン入社。
  • 2004年、取締役に昇格。
  • 2008年、常務取締役に昇格。
  • 2013年、代表取締役に就任。

渡辺直人氏が常務取締役であった2010年には、日本テレビ「TheサンデーNEXT」にて、社員研修の教官として出演しており、スパルタ的な指導の模様が話題になりました。

その時に放送された同社の強烈な指導内容の模様については、同番組のコメンテーターである北村晴男弁護士が絶賛したり、視聴者から「感動した」などといった投書が新聞に送られてくるなどの賛同意見もありました。

ですが、その一方で、ネット上では「ブラック企業そのものだ」などといった批判的なコメントが数多く見られました。

これらの批判的な意見の影響もあり、2013年に渡辺氏の社長就任以降は、スパルタ的な社員研修は取りやめにしたそうです。

日本の飲食業界はどこも厳しい労働環境であると言われますが、今後は働く人にとってもより良い環境になっていくと良いですね。

また、王将フードサービスと言えば、2013年に前社長である大東隆行さん(享年72)が自家用車で出社したところを、何者かに拳銃で撃たれて殺害されるというショッキングな事件がありました。

残念ながら、この事件の犯人は今現在も捕まっていません。

渡辺直人氏は、亡くなった大東氏の後任として社長に就任したわけですが、大東さんについては「私にとっては師匠であり、父親以上の存在。社員思いで、お客さまを大切にしていた。経営の原点であり、王将イズムとは大東イズムのことだ」と、語っています。

この渡辺社長の想いが、今の餃子の王将の業績アップにつながっているのかもしれませんね。

餃子の王将 渡辺直人社長の年齢は?

渡辺直人社長の生年月日は、1955年8月19日 です。

年齢は『坂上&指原のつぶれない店』に出演する2020年1月5日時点で、64歳になります。

前任の大東隆行氏が亡くなった72歳の時点で社長だったので、渡辺直人社長も少なくてもあと5年ぐらいはバリバリ第一線でやっていくことになりそうですね。

餃子の王将 渡辺直人社長の最終学歴は?

先ほど経歴のところで紹介しましたが、渡辺直人社長の最終学歴は、桃山学院大学経済学部卒業になります。桃山学院大学は、大阪にある私立大学で。桃山、桃大、桃学、ピン大、などの呼称もあります。

なので、渡辺社長は、大阪生まれで、大阪の桃山学院大学を卒業して、京都に本社を置く王将フードサービスに入社したということになります。

経歴の通り、渡辺社長は正にコテコテな大阪商人のイメージそのまんまという感じがしますね。

今後、渡辺社長の経営手腕で、餃子の王将がどのようになっていくのか注目したいところです。

 

ということで以上、今回は王将フードサービス株式会社(餃子の王将)の現在の社長である渡辺直人氏について、年収、経歴、年齢、学歴、などについてご紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございました!