滝沢秀明副社長「ジャニ―喜多川さんの夢をみた」に対する世間の反応は冷ややか?

ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長が1月2日帝国劇場における取材の際に、2019年7月9日に死去したジャニー喜多川社長が夢枕に現れたことを明かしました。

滝沢副社長は毎日、事務所にあるジャニ―さんの遺影に業務報告をするそうですが、今までは特に反応は無かったそうです。

ところが、昨年末に和歌山県の高野山にあるジャニ―さんのお墓参りに行こうとしていた前日に、突然枕元にジャニーさんが現れたとのことです。

そこで今回の記事では、ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長のプロフィールや、滝沢副社長が見たジャニーさんの夢の内容、さらには滝沢副社長がジャニー喜多川の夢をみたということに対する世間の反応についてまとめてみました。

滝沢秀明副社長のプロフィール

滝沢秀明副社長のプロフィールは以下の通りです。

滝沢秀明のプロフィール
  • 名前:滝沢秀明(たきざわひであき)
  • 愛称:タッキー
  • 生年月日:1982年3月29日(37歳)
  • 出身地:東京都八王子市
  • 血液型:A型
  • 身長:169㎝
  • 職業:演出家、実業家(ジャニーズ事務所 副社長 ジャニーズアイランド 社長)

皆さんご存知のとおり、滝沢さんは、かつては、男性アイドルデュオ「タッキー&翼」として活動するなど、歌手、俳優、タレントとして活動していました。

ですが、2019年1月1日に芸能活動を引退してからは、舞台演出を手掛ける演出家やプロデューサーであり、ジャニーズ事務所の副社長、傘下のジャニーズアイランド社長を務める実業家となっています。

滝沢さんは芸能活動をしていた時から、ジャニーズJr.(ジャニーズ事務所でCDデビュー前のタレントの総称)のオーディションやコンサートの取りまとめを行うなど、リーダー、演出家、プロデューザー、としての側面を持っていました。

また、滝沢さんは、プロデューサーとしてのジャニー喜多川さんの手腕を、最も間近で見てきた人物とも言われています。

そんな、滝沢さんが見たジャニーさんの夢の内容とはどのようなものだったのでしょうか?

滝沢副社長が見たジャニー喜多川さんの夢の内容とは?

滝沢さんの夢に出てきたジャニー喜多川さんは枕元に立って、こう言ったそうです。

『僕のやり方にこだわらないで、もっと新しいことをやりなさい』

・・・これって、まさに「YOU、やっちゃいなよ」的なジャニーさんらしい言葉ですよね。

これに対して、滝沢さんは「うれしかったですし、本当に不思議でしたね。。自分が思っていたことと違うことを言われたので、正しいかどうか分からないですけど、気持ちはスッキリしました。」 とのこと。

さらには、「性格上、遠慮がちな部分が多いので、後押しをしてくれたのかなという思いです。ようやくジャニーさんを感じることができて、そのあとお墓参りに行って約束しました」ともコメントしています。

滝沢副社長は、夢でのジャニー喜多川さんの言葉を胸に、2020年はいろんなことにチャレンジして2019年以上に盛り上げていくたいと、決意を新たにしました。

滝沢副社長がジャニー喜多川さんの夢をみたということに対する世間の反応

滝沢副社長がジャニー喜多川さんの夢をみたということに対する世間の反応について、以下にまとめてみました。

 

「新しい事やるのは、素晴らしいと思う。でもデビュー前グループを紅白に出したり、色々な歌番組で歌わせたり・・・。それは、違うんじゃないかな
私は、ジャニーズ好きですが、今の、デビュー前のグループをごり押しとも言えるような、売り出し方には、疑問を呈します。」

「そりゃあ自身の脳で見ている夢だから、自分に都合の良い夢を見ますよね。
とりあえず私物化は止めてください。カウコンもJr.祭りだったそうですね。
Jr.可愛がるのは自由ですが、デビュー組ありきだという事を忘れないでください。紅白も、キスマイがやっと初出演できたのに、デビューすらしていないJr.がいきなり出るのもいかがなものかと思います。」

「紅白に出る基準を満たしていない、デビュー前のグループを出場させ、他にもありとあらゆる番組にごり押ししていて、正直ウンザリしている
紅白は既にデビュー済のグループを出すという、最低限のことは守ってほしいもの」

「ジャニーズ勢をゴリ押しした結果、紅白が歴代最低視聴率。ジャニーズJrまで出してくるとはね。
年末、知名度の低いタレントで金田一をやらせたら視聴率が一ケタの惨敗。
ありとあらゆるバラエティー番組やドラマに無名のタレントをゴリ押しするのはそろそろやめてもらえませんか。」

「ある程度プロデュースが成功して滝沢の名声が上がった時に、メリーとジュリーが黙っていられるか。今現在も主導権争いやマウンティングの取り合いが事務所内で繰り広げられてそう。」

 

・・・などなど、特に多かったのが、直近の大晦日に行われたNHK紅白歌合戦において、デビュー前のジャニーズJr.のタレントを出場させたことへの批判の声でした。

滝沢さんとしては、長年リーダーやプロヂューサーを務めてきたジャニーズJr.をもっと売り出したいという気持ちが強いようですが、多くのファンはデビュー済みのタレントに配慮すべきだという声が強いようですね。

また今後、ジャニーズ事務所内において、滝沢副社長が。藤島ジュリー社長や藤島メリー会長と、どのような関係になっていくのか注目している意見もありました。

 

ということで以上、今回は、ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長のプロフィールや、滝沢副社長が見たジャニーさんの夢の内容、さらには滝沢副社長がジャニー喜多川の夢をみたということに対する世間の反応についてお伝えしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。