滝川クリステル第1子出産!夫・小泉進次郎との離婚の噂の理由とは?

1月17日、小泉進次郎環境大臣とフリーアナウンサーである滝川クリステルさん夫妻との間に、第1子となる男児が誕生したことが明らかになりました。

小泉氏が同日朝、東京都内で記者団の前で発表しました。

小泉氏と言えば、以下の記事でもお話しましたように、つい先日に子供の誕生後3か月の間に2週間程度の育児休暇を取ることを表明しており、話題となっていました。

そんな幸せいっぱいであるはずの小泉夫妻ではありますが、一部で「離婚するのでは?」という噂も流れていました。

今回の記事では、滝川クリステルさんが第1子を出産したことに対する世間の反響、さらにはこの夫婦の離婚の噂の真相について、お伝えします。

滝川クリステル小泉進次郎夫妻第1子出産に対する世間の反響

滝川クリステルさんと小泉進次郎氏夫妻の第1子出産に対する世間の反響をまとめてみました。

まず好意的に意見についてです。

 

「お子さんに誇れる立派なパパになって下さい。そして、イメージ先行ではない、実績が伴う立派な議員になられることも期待したいです。おめでとうございます。」

「賛否両論色んな意見はあるが。出産自体は素晴らしい。素直におめでとうございます。男児ということは将来の後継者かな?」

「男の子か。小泉家の跡取りですね。問題がある夫婦だけど子供が生れた事はおめでたいですね。しっかり育ててあげてほしいですね。。」

「おめでとうございます。見た目は若くても身体は40代です。これから報道が過熱することもあると思いますが、まずはゆっくり休んでください。」

「おめでとうございます。母子ともに健康であれば良いですが…。インフルエンザや武漢発祥の新型もあります。進次郎さん父親としてまずは外から持ち込まないように十分お気をつけて。これからも父親として環境大臣として頑張って下さいね。」

・・・などなど、やはり4代続く政治家一家に男児が生まれたということで、その将来が楽しみだという意見が結構ありました。

また、滝川さんが高齢出産だったということもあり、体を気づかう声も多かったです。

一方、以下のような批判的な意見もありました。

 

「なんだかこの2人、好感度下がった気がする。育児休暇を取りたい気持ちは理解出来るが、私生活をある程度犠牲にしてでも、国民の為に尽くせる方じゃないと。。」

「おめでとうございます。政治家なのですから4300万円政治資金疑惑と不倫ホテル代疑惑について説明責任を果たして下さい。マスコミも育休を報じるなら本業の政治家として疑惑も育休と同じ時間を割いて報じるべきではないでしょうか。殆どワイドショーで触れませんし触れても取り上げる時間が短く擁護的では?他の政治家の疑惑と違い彼の疑惑だけ大々的に後追い報道がなされないことに恐ろしさを感じます。」

「最近さえない進次郎氏。これで話題作りを提供したいのかも知れないが彼が育休をとるのに世論の半数は賛成していない。自民党の広告塔ということは国民にばれているし、そもそも内容のない人間ということも露見している。細君も女性からの受けは良くないし、ごまかしているが不倫して政治活動費から不倫にかかった費用を捻出した疑惑も晴れていない。でもお子さんができたのはおめでとうと言うが、くれぐれも4世議員にしないでください。世襲はもういらないので。能力ないボンボンがこの国動かすのはぞっとする。」

・・・などなど、進次郎氏の育休取得が単なる話題作りという声や、昨年週刊文春で報道された軽井沢のホテル宿泊費についての政治資金に関する説明責任を指摘する声、などがありました。

確かに、小泉進次郎氏は政界に登場した時は切れ味鋭い答弁をしていましたが、最近では「有能風無能」だとか「化けの皮が剥がれた」だとか、あまり政治に関心が無い層からですら辛辣な評価をされています。

では次に、この夫婦の離婚の噂についてお話していきましょう。

滝川クリステル小泉進次郎夫妻…離婚の噂の真相は?

滝川クリステル小泉進次郎夫妻に離婚の噂がささやかれていた理由としては、主に以下の2点が挙げられます。

  1. デキ婚で交際歴1年未満のスピード婚であったこと
  2. 小泉進次郎氏の父・小泉純一郎氏に離婚歴があること

この2点を理由として、離婚説がささやかれていました。

それでは1つ1つ見ていきましょう。

デキ婚で交際歴1年未満のスピード婚であったこと

滝川クリステルさんと小泉進次郎さんは、いわゆる「できちゃった婚」で、2019年8月に結婚を発表した時点で滝川さんは既に妊娠していました。

そして、この「できちゃった婚」の夫婦は、ある統計によると3組に1組が離婚すると言われており、デキ婚以外で結婚した夫婦と比べると、離婚率が高いと言われています。

また、この二人が交際をスタートさせたのは2018年の年末頃だったので、交際1年未満のスピード婚でもありました

このように、二人の結婚がデキ婚でなおかつ交際歴1年未満のスピード婚だったこともあり、「離婚するでは?」という噂がささやかれていたようです。

小泉進次郎氏の父・小泉純一郎氏に離婚歴があること

小泉進次郎氏の父・小泉純一郎氏に離婚歴があることも、この夫妻に離婚が噂される理由の1つです。

小泉純一郎氏は、1978年にエスエス製薬の元会長泰道照山の孫・宮本佳代子さんと結婚し、二人の間に3人の子供ができましたが、1982年には離婚しています。

そして、3人の子供のうち、長男で俳優の小泉幸太郎さんと、次男の小泉進次郎氏が、小泉家に残り、佳代子が懐妊中であった三男は宮本家に引き取られる形になりました。

この離婚の理由については、関係者の話によれば、純一郎氏の面倒を姉の信子氏がすべて見ていたり、周囲が身内で固められており、佳代子さんの居場所が無くて、結婚生活に疲れ切ってしまったことが原因のようです。

そして、これと同様のことが、未来の総理大臣と言われる小泉進次郎氏の妻である滝川クリステルさんの身にも起こるのではないかと、噂されていたわけです。

小泉家は、進次郎氏の曾祖父である小泉又次郎氏の代から4代にわたって国会議員、しかも大臣を輩出している、バリバリの政治家一家です。

そんな政治家一家であるが故に、厳しい家訓もあると言われており、そこへ嫁いだ滝川クリステルさんの今後を心配する声もあったようです。

 

以上の2つの理由により、二人の離婚説がささやかれていたようです。

とはいえ、これらはあくまでも噂にすぎないことですし、本人達とは関係の無いことです。

進次郎氏は父・純一郎氏と演説の仕方がソックリだと言われていますが、性格については全く違う人物だとも言われています。

また、滝川さんについても、東京オリンピックの誘致時に見せた「おもてなしプレゼン」からもわかるように、かなりの胆力の持ち主なので、ちょっとやそっとのことでは潰れることは無い強い女性です。

交際期間は短いとはいえ、二人の相性はバッチリとのことですので、これからも仲睦まじい夫婦であり続けて、そして新たに誕生したお子さんを立派に育てあげてほしいものです。

このお子さんについても、将来は進次郎さんのように政治家になるのか、幸太郎さんのように俳優になるのか、どうなるのか非常に楽しみです。

ということで以上、今回の記事では、滝川クリステルさんが第1子を出産したことに対する世間の反響、さらにはこの夫婦の離婚の噂の真相について、お伝えしました。

それでは最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。