ピース又吉イベント欠席!何かの病気?インスタ画像がイケメンと話題!

1月15日、映画『ジョーカー』Blu-ray & DVDリリース/デジタル配信記念イベントに出演予定だった、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹さん(39)が、体調不良のため急きょ欠席しました。

又吉さんは、自分で連絡することができないぐらい大変な状態だったそうです。

売れっ子で休む暇が無いぐらい超多忙でしたし、顔色が悪い時もありましたから、心配ですよね?

また、又吉さんと言えば、芥川龍之介賞受賞作家でもあり、幅広い層から人気の芸人さんですが、その独特の雰囲気がイケメンと今話題になっています。

そこで今回の記事では、又吉さんがイベント欠席したのは何かの病気なのか、又吉さんがイベント欠席したことに対する世間の反響、さらには又吉さんのイケメンすぎるインスタ画像もご紹介します。

ピース又吉がイベント欠席!何かの病気?

今回の又吉さんのイベント欠席について、所属事務所の吉本興業によると、医師からは「大事に至ることはないが、過労による高熱で十分な睡眠と栄養補給し、1~2日の安静が必要」と診断されたとのことです。

とりあえず、何か重大な病気というわけではなさそうなので、良かったですね。

事務所によると今後のイベントについては「検討中です」とのことですが、何年間も休みなくストイックにスケジュールをこなしていた又吉さんですから、1~2日だけでなく、もっとじっくりと休養した方が良いのではないでしょうか?

それに又吉さんは、渡米中の相方である綾部さんの分も頑張っているような感じがありましたからね。

綾部さんがいつ日本に帰ってきても仕事に復帰できるように、又吉さんが居場所をしっかりと守ってあげてるようにも見えます。

又吉さんはブレイクして以来10年近く休みなく突っ走ってきたので、個人的には、数カ月じっくり休んで充電してみるのも良いのでは無いかと思いますけどね。

ピース又吉がイベント欠席…世間の反響は?

今回の又吉さんのイベント欠席についての世間の反響をまとめてみました。

 

「働きすぎでしう。楽屋でもパソコンを開いて文章打ち込んでるらしいし、収録や生出演の頻度が増えでいるのでは?何時も、ゲンキだ!って言うような芸人さんではないですが、本当に元気がなくなると心配です。早く良くなってください。」

「高熱が出ているのに1日2日で復帰出来るものですかね?こういう時こそ少しゆっくり身体を休めるのも必要じゃないでしょうか。本人が大丈夫だと言いそうですが、周りの方が気を付けて見てあげて欲しいですね。」

「自分で連絡を入れる事が困難なほど大変な状態というのに、大変驚きました。いったいどうしたの?大丈夫?と。でも、一二日で、復帰出来るとのこと。ある意味、そんなに大したこと無くて良かった!お大事にしてください!」

「自ら連絡もできないほどだったってよほどの事だと思う。イメージですが、この方なら事前に連絡するでしょうし。しっかり休んで休養してほしいです。」

「過労で免疫が落ちてるんでしょう?病院に行かれたのなら、炎症反応等血液検査も必要なら医師の判断で本人に勧めているとおもいます。タレント活動以外、作家として、趣味もあり、書籍も、自分も含めて色々と気になり、寝不足なのでは?」

 

・・・などなど、幅広い層に人気のある又吉さんなので、多くのファンの方が心配しています。

また、1日2日と言わず、じっくりと休養するべきではないか、という声もかなりありました。

じっくりと休養して、また元気な又吉さんを見せてほしいですよね。

では、最後にそんな又吉さんのイケメン画像をご紹介したいと思います。

ピース又吉のインスタ画像がイケメンすぎると話題に!

ピース又吉さんは、独特の雰囲気があり「隠れイケメン」と言われています。

そんな、又吉さんのインスタのイケメン画像をいくつかご紹介します。

まずはコチラ。

まるでファッション雑誌のスナップ写真のようですね。難易度の高い服をバッチリ着こなしています。

そしてコチラ。

これは又吉さんの書斎のようです。渋いですね。

机や本棚の感じから、芸人をしながらも、かなり執筆をこなしていたのがわかりますね。

 

そして、コチラ。

・・・実はコレ、又吉さんの人形です(笑)

難易度の高い服のコーディネートといい、リアルすぎますね。

 

最後はちょんまげ又吉さんのピース。

難易度の高い龍の柄のシャツをサラリと着こなしています。

体を治して、またこんな元気な又吉さん見せてほしいですね。

 

ということで以上、今回の記事では、又吉さんがイベント欠席したのは何かの病気なのか、又吉さんがイベント欠席したことに対する世間の反響、さらには又吉さんのイケメンすぎるインスタ画像をご紹介しました。

それでは最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。