増田貴久「レンタルなんもしない人」ドラマ化主演のキッカケが凄い!

NEWSの増田貴久さん(33)が、テレビ東京で4月からスタートするドラマ『レンタルなんもしない人』毎週水曜よる0時12分~)で、主人公の「レンタルなんもしない人」を演じることが決定しました。

増田さんと言えば、『グルメチキンレース・ゴチになります!』のレギュラーメンバーに加わるなど、今波に乗っており、仕事ぶりも安定感抜群ですが、一体どのようなドラマの内容になるのでしょうか?

また、今回のドラマで増田さんが主演に抜擢されたキッカケが、大変興味深いもので話題になっています。

そこで今回の今回の記事では、増田貴久さん主演のドラマ「レンタルなんもしない人」の内容、増田さんがこのドラマの主演に抜擢されたキカッケ、さらには今回の増田さん主演のドラマに対する世間の反響、などについてお伝えします。

増田貴久「レンタルなんもしない人」ドラマ化で主演!…その内容とは?

今回ドラマ化する『レンタルなんもしない人』は、森本祥司さんという方が実際に行ってる活動が元ネタになります。

森本さんは、2018年6月にTwitterに突如現れて、「なんもしない人(ぼく)を貸し出します」「ごくかんたんなうけこたえ以外、なんもできかねます」と発信して活動を開始しました。

森本さんの活動は、花見の場所とりをしたり、一人で入りにくい店にただ同行したり、離婚届を提出するのを見届けたり、「何もしない」こと前提に、現地までの交通費や、必要に応じて食事代を出してもらうという、独特なものでした。

その後、彼の活動内容が話題になり、漫画や書籍にもなっています。

ドラマ『レンタルなんもしない人』では、森本さんの不思議なお仕事ぶりがドラマ化したもので、増田さん演じる主人公・レンタルなんもしない人が、依頼者と出会い、人の心を温めるさまを描いた内容になるとのことです。

増田さんは、今回のドラマの主演について以下のコメントをしています。

 

Q:出演にあたって
出演のお話をいただいたのが「死役所」を見ていたときで、同じ「ドラマホリック!」枠の主演ということで嬉しすぎてプチパニックになりました(笑)。資料を拝見し、「“なんもしない”というサービスってなんだろう」が率直な感想です。楽屋では、何もしないでぼーっと座っていることが多くて……。そのことをNEWSのメンバーにもよく指摘されるので、我ながらぴったりの役だなと思い、嬉しかったです。

Q:役作りについて
役作りはなんもしない方がいいのかなと思っています(笑)。なんもしないのに依頼が止まないのはレンタルさんの人柄や人間力だと思うので、僕も内面を磨いておきます! 依頼人として「レンタルなんもしない人」にお願いするとしたら……。「楽屋で常に笑っていてほしい」ですね(笑)。収録終わりの楽屋で「いいコメントしていましたね」と言わなくても良いので、表情で表してほしいです(笑)。

Q:意気込みについて
“なんもしない”って人からはそう見えても、実際に“なんかしている”からこそレンタルさんも依頼人の役に立っているわけですし、“なんもしない”というのは他人が決めることではないと思うんです。だからこそ、奥が深いなと思いました。このサービスを利用する人の悩みや抱えているモノ、心の奥底にある言葉で表現できないような思い……。なんもしてないはずなのにどこか救われていくところが、この作品の面白さだと思います。頑張りすぎている人が多い今の時代、自分でも気づいていない心の穴を埋められるようなお話になったらいいなと思いますし、そんな時間を作りたいです。

インタビュー内容から、増田さんの何ともほんわかした雰囲気が伝わってきますね。

『レンタルなんもしない人』という、今までにない内容のドラマなので予測できない部分が多々ありますが、増田さんが本作のハマり役なのは間違いなさそうです。

増田貴久「レンタルなんもしない人」ドラマ化で主演!…そのキッカケとは?

増田貴久さんがドラマ『レンタルなんもしない人』の主演に抜擢されたキッカケと噂されているのが、「なんもしない人」本人である森本祥司さんの以下のコメントです。

レンタルの依頼のなかには「好きなものについてひたすら語らせてほしい」というもの(布教とも呼ばれています)があり、NEWSの布教をされたこともありました。コンサートの映像を7時間くらい見せられたあと「推しはできましたか?」と聞かれ「増田さん」と答えた憶えがあります。すごいパフォーマンスを軽やかにやってのける姿が印象的でした。増田さんがどんなふうになんもしないのか、楽しみです。

森本さんが「なんもしない人」の活動の中で、たまたまNEWSのコンサート映像を観る機会があり、その際に推しメンを聞かれて森本さんが答えたのが、偶然にも増田貴久さんでした。

以下は、その時の森本祥司さんのtwitterでのコメントですが、確かに増田貴久さんが特に推しメンであることを明言していますね。

つまり、ドラマの主人公のモデルの森本さん自身が、以前から増田さんの対して好印象を持っていたわけです。

もちろん、ドラマの制作陣がこの経緯を把握した上で増田さんにオファーを出したのかは不明ですが、脚本をつくるにあたっては、森本さんの書籍やtwitterをチェックしていることは確かでしょう。

「引き寄せ」なんて言葉もありますし、単なる偶然とは思えませんよね。

それと、ドラマの中でもNEWSの布教をするエピソードが出てくるかもしれませんね。

増田貴久「レンタルなんもしない人」ドラマ化で主演!…世間の反響は?

増田貴久さんが主演するドラマ『レンタルなんもしない人』に対する世間の反響としては、批判的な意見と、好意的な意見とがありました。

まず。批判的な意見を見てみましょう。

「決して、まっすーさんが悪いわけではないですが最近のテレビは何かアイデンティティがないというかなんというか、、、YouTubeの動画をただまとめて流したり、Twitter、2chで話題になったことを一週遅れくらいで報じたり。なんだかなぁ。」

「こういうのをドラマにしていじられたら可愛そうだな。というかテレビは自分達でアイデアも作れなくなったのか。インターネットの方がぐいぐい世の中の前へ進んでいる。」

「漫画もそうだけど、ある程度人気と知名度がが出たコンテンツをつまんでリスク回避するのが今のメディアのやり方なんですねぇ。」

・・・などなど、オリジナルで話をつくろうとせずに、安易にネットや漫画などで話題になったものをドラマ化するような姿勢に批判がありました。

その一方で、以下のような好意的な意見が数多くありました。

 

「まっすーが急に押されてるね。まじめに仕事して来た事が評価されて良かったですね。派手な存在じゃないけど、嫌味のない笑顔がいい。まっすーが仕事が増えて、”兄貴”も喜んでると思います。頑張ってください。」

「ドラマ「ボイス」で刑事役を好演していた俳優さんですね。役を演じることに熱くウンチク垂れずに、演じることそのものに集中するタイプかも知れませんね。同世代の東出さんとは大違いですね。」

「増田君、おめでとう。増田くんの頑張りがこうやって仕事に繋がっていくのがほんとに嬉しい。wowowドラマ、ゴチ、ネタパレ、ソレダメのレギュラーに加え週2のラジオ、そして何よりツアーが始まる。忙しくて大変だろうけど、頑張って!」

「NEWSではいちばん良いと思う。チャラ男や昔からの大役を下手な演技するメンバーよりは良い。」

ドラマの内容は未知数ですが、増田さんの主演については好意的な意見が多く見られました。

増田さんについては、本作についてハマり役だと思いますし、スキャンダルの可能性も無いので、堅いキャステインングと言えるのではないでしょうか。

『レンタルなんもしない人』という今までに無いテーマだけに、当たるか外れるかわかりませんが、テレビ東京と言えば漫画『孤独のグルメ』の独特の世界観をドラマ化してヒットさせていますし、本作も期待以上の出来になる可能性もあります。

どういったドラマになるのか楽しみですね。

ということで以上、今回の今回の記事では、増田貴久さん主演のドラマ「レンタルなんもしない人」の内容、増田さんがこのドラマの主演に抜擢されたキカッケ、さらには今回の増田さん主演のドラマに対する世間の反響、などについてお伝えしました。

最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。