唐田えりかの事務所がドラマ出演自粛を発表!東出昌大も視聴率低迷!

1月24日、俳優の東出昌大さんとの不倫が発覚した女優の唐田えりかさんの所属事務所が、TBS系ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(金曜日、午後10時~)の出演を自粛することを発表しました。

唐田さんは、あくまでもドラマの出演を「自粛」との発表ですが、「本当は降ろされたのではないか?」という噂もあります。

また、不倫相手である東出昌大さんは、テレビ朝日系ドラマ『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時』で桐谷健太さんとW主演しており、初回の世帯視聴率12.0%と順調なスタートでしたが、不倫発覚後は視聴率がガタ落ちしています。

そこで今回の記事では、唐田えりかさんの事務所がドラマ出演自粛を発表した内容、本当は降ろされたのではないかという噂される理由、さらには不倫相手である東出昌大さんの出演するドラマの視聴率低迷、といったことについてお伝えします。

唐田えりかの事務所がドラマ出演自粛を発表!…その内容とは?

1月24日、唐田えりかさんの所属事務所であるフラームは公式サイトにて、

「今回お騒がせしてしまった報道を受け、反省をし、検討した結果、TBS系金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』の出演を自粛させて頂くという結論に至りました。関係各所の皆様に多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。」

と、ドラマ出演を自粛することを発表しました。

ドラマの公式サイトでも、1月24日の午後11時の時点で、トップページやキャスト一覧から、唐田さんの写真や名前は削除されていました。

TBSによると、既に収録済みの唐田さんの出演シーンを全てカットして、今後も出演シーンは撮影しないとのことです。

ちなみに、このドラマでの唐田さんは、病棟クラークの小山内みゆき役でした。

幸い、このドラマにおいては唐田さんは主要なキャストでは無いので、それほど影響がないのかもしれませんね。

唐田えりかの事務所がドラマ出演自粛を発表…本当は降ろされたのでは?

先ほどもお伝えしましたように、唐田さんの事務所はドラマ出演を「自粛」と発表していますが、「本当は降ろされたのではないか?」という噂もあります。

これについて、ネット上で以下のようなコメントがありました。

「彼女は昨日までドラマの撮影を平然として行っていたそうなので、自粛ではなく実際は降ろされたのだと思います。東出さんのドラマが2話目で大きく視聴率が下がってしまったことを踏まえれば当然でしょうね。」

「番組公式Twitterがめちゃくちゃ荒れてたので、まあ降板されたんでしょうね。」

「唐田は松本穂香のバーター。バーターが不祥事起こしてドラマを危うくするなどあってはならないこと。だからさっさとカットされた。ということみたいです。」

唐田さんは不倫報道があった後も、平然とドラマの撮影現場で仕事をこなしていたそうなので、自らの判断ではなく、番組側から降ろされたという見方が強いようです。

また、不倫騒動後は、番組公式Twitterに唐田さんを批難するコメントが殺到していたそうですが、SNS全盛の今の時代、視聴者の声がダイレクトかつスピーディーに伝わるので、番組側も動かさるをえなかったのでしょうね。

それと、『病室で念仏を唱えないでください』では、唐田さんと同じ所属事務所の女優である松本穂香さんが主要キャストを務めており、唐田さんは松本さんのバーター(抱き合わせ)でキャスティングされていた面があります。

なので、松本さんに悪影響が無いように、事務所がさっさと唐田さんを切ってしまったという見方もあるようです。

つまり、表向きは「出演自粛」という発表ではありますが、その実態は「降板」と言えるのかもしれませんね。

唐田えりかの不倫相手・東出昌大のドラマも視聴率ガタ落ち

唐田さんがドラマ出演自粛となる一方で、不倫相手である東出昌大さんは主演を務めるドラマの視聴率がガタ落ちしています。

東出さんは、テレビ朝日系ドラマ『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時』で桐谷健太さんとW主演しており、初回の世帯視聴率12.0%と順調なスタートでしたが、不倫発覚後の2回目は2.3ポイントマイナスの9.7%と低迷しました。

これについて、ネット上のコメントをピックアップしてみますと・・・

「ケイジとケンジ、気になってたけど、あの一件があったから絶対見ない。良妻賢母の妻と三人の可愛い子供をほったらかして、三年間も不倫していたなんて本当最低!」

「桐谷健太はとばっちりだな。せっかくのW主演で気合十分だったろうに、もう片方のスキャンダルのせいで台無しになって本当に可愛そう!」

「初回の1話を観た時に桐谷さんの演技はこのドラマを面白く成功させようとする意気込みが感じられるような演技だったのに本当に勿体ない。東出さん主演のドラマだけど桐谷さんも主演のダブル主演なだけに気の毒。桐谷さんだけじゃなく他の演者さん達もみんなが気の毒だと思ってしまう。」

やはり、今回の不倫騒動を受けて、「東出昌大の出るドラマは見たくない!」と思う人は多いようですね。

そして、東出さんとW主演を務める桐谷さんや、その他の共演者への同情の声も数多くありました。

その一方で、「単に初回を見て、つまらないと思わたのでは?」とか「どのドラマも初回と比べると2回目は落ちる」といった見方もありました。

いずれにせよ、唐田さんのケースと違って、東出さんは主演で簡単に降板というわけではいきませんから、『ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時』は、このまま突き進むしかないのかもしれませんね。

以下の記事でもお話しましたように、今は主演を務めている東出さんですが、今後は前途多難です。

ということで以上、今回の記事では、唐田えりかさんの事務所がドラマ出演自粛を発表した内容、本当は降ろされたのではないかという噂、さらには不倫相手である東出昌大さんの出演するドラマの視聴率低迷、といったことについてお伝えしました。

それでは最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。