東出昌大と唐田えりかの不倫…岡村隆史と魔裟斗の反応が対照的と話題!

女優・杏さん(33)の夫である、俳優・東出昌大さん(31)と女優・唐田えりかさん(22)の不倫騒動については、多くの著名人が様々なコメントをしています。

そして、その中でも、お笑いタレントの岡村隆史さん(49)と、元K-1王者でタレントの魔裟斗さん(40)とが、それぞれ対照的なコメントをしており、話題となっています。

そこで今回の記事では、東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫に対する、岡村隆史さんと魔裟斗さんのコメントや、それに対する世間の反響、についてお伝えします。

東出昌大と唐田えりかの不倫に対する岡村隆史のコメントとは?

1月23日深夜放送のニッポン放送のラジオ番組「岡村隆史のオールナイトニッポン」の中で、岡村さんは、東出昌大さんが唐田えりかさんとの不倫が原因で、妻の杏さんと別居していることについて、以下のように語りました。

まず、岡村さんは今回の不倫騒動の世間の反響の大きさに対して、「でも…毎回思うけど、こんなにあかんことやったっけね、不倫って。あかんのかなあ。世の中の人が許さへんねんな。でもルール違反やでっていうけど、夫婦のルールだけであって周りのルールからの違反ではないじゃないですか」と、持論を展開します。

そして、「僕、しゃあないと思うんですよ。東出くんってホンマにカッコええし、一緒に仕事した時もバリアがないねん。すごくナチュラルに接してくれるし、嫌味な感じがないねん全然。うわっ!なんかエエ人やな!ってやっぱ思ってまうのよ。だからモテるで、そりゃ。モテんのよ。モテたらあかんのかな?もう結婚したらモテたらあかんのかいな?あかんのかな~」と続けます。

さらに、「こんだけ男前やったらモテるはずやねんて。しゃあないねん、持って生まれたものもあるし。こんだけリスクある中で、それでもこのクラスの方が不倫するということはですよ、世の中の一般の人たちがどれだけ…不倫。バレないもん、一般人には文春ついてないから。多少お金持ってて男前の方…かなりの数の人が不倫してるんじゃないか」と、一般人の不倫事情についても言及していました。

この岡村さんのコメントについて、世間の人々はどう感じているのでしょうか?

東出昌大と唐田えりかの不倫に対する岡村隆史のコメントへの世間の反響

先ほどの東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫に対する岡村隆史さんのコメントについては、世間では次のような反響がありました。

 

「岡村さんのコメントは、モラル視点だけではなく、「マーケティング視点」で考えても、ありえない発言と言えます。マーケットの環境は常に変化しており、その変化を敏感に察知して、企業は商品構成を変化させたり、商品の中身を変えていくのがビジネスの基本。商品提供側の視点で「昔はこれでよかったのに」は通用しません。マーケット(お客様)の価値観は多様化しているのです。昨今は、番組制作会社やCMのクライアント企業に迷惑をかける芸能人の不祥事が多発しており、これは事実です。関係企業が損失を出している以上、過去とは比較にならないほど、不倫は「あかんこと」になってきたと捉えるべきでしょう。」

「岡村、結婚してないからわからないんだろう?自分の奥さんがそういうことしてたら、許すか?子供に一番手のかかる時期に、ひっちゃかめっちゃかになってる嫁をさしおいて 平気か?たとえモテるとしても 一線を引くことぐらいできるだろう?」

「不倫と一言で言ってしまえば非常にシンプルだろう。ただ今回のケースは、妻の杏が子どもの頃から親の不仲や父親の不倫を見て育ち、その杏が家庭を築き子ども3人に恵まれ…という、経緯を多くの人が知っているだけに、東出の3年不倫が許されないんだと思う。ましてや杏が妊娠中。表面ではイクメン気取り、大物俳優気取りな東出の裏の顔が明らかになり、そりゃー騒がれて当然。相手の女も然り。妻子あるの分かってるのに歯止めがきかないどころかインスタでマウント行為を連発。世間総出で芸能界から追われるのは当然だと思う。」

確かに、岡村さんのコメントは時代錯誤もいいところですよね。

昔は芸能人や政治家などの著名人が不倫をしたり愛人をつくることは、「芸の肥やし」とか「英雄色を好む」などといった言葉で許されましたが、現代社会でもその感覚では、芸能人や政治家といった「人気商売」においては障害となりえるわけです。

岡村さんは、若くして成功して長年活躍し続けている正真正銘のスターではありますが、以前も『(テレビが)嫌なら見るな』発言をするなど、やや軽率で時代錯誤なコメントをしてしまうことがあります。

また、岡村さん自身が結婚したり父親になった経験が無いから、その部分についての想像力が足りないのではないかという意見もありました。

やはり、結婚や父親の経験が無い岡村さんにとっては、パートナーの女性が、やがて妻や母親の面も持つようになるということを、なかなか想像するのもが難しいのかもしれません。

それと、岡村さんが、東出さんの不倫について「3年間もの長きにわたる不倫関係」だったことについて、触れていないのは不自然です。

それを考えると、岡村さんは「東出さんを擁護する」という結論ありきで、コメントをしている気がしてしまいます。

では次に、東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫に対する、元K―1世界王者の魔裟斗さんのコメントをご紹介しましょう。

東出昌大と唐田えりかの不倫に対する魔裟斗のコメントとは?

1月24日、魔裟斗さんは自身のインスタグラムを更新し、東出昌大さんと唐田えりかさんへ向けたと思われる、以下の短いコメントをつづりました。

「不倫をしてしまった俳優の方は年齢的にまだ三児の父親になるには若すぎたかな」

短いコメントながら、魔裟斗さんの経験してきたことを考えると、非常に含蓄のある言葉です。

魔裟斗さんは、2007年2月に女優でタレントの矢沢心さんと結婚しましたが、その後4年間にもおよぶ不妊治療を経て、2012年6月に待望の第1子となる女児を授かっています。

そして、その後2014年9月に第2子となる女児、2019年1月に第3子となる男児を授かっており、現在は東出昌大さんと同じく三児の父です。

このように、夫婦で苦労した末に子供を授かった三児の父親である魔裟斗さんのコメントには、多くの反響がありました。

東出昌大と唐田えりかの不倫に対する魔裟斗のコメントへの世間の反響

東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫に対する魔裟斗のコメントへの、世間の反響は以下の通りです。

 

「言ったらプロ意識の問題だと思う。父親業にプロ意識もないもんだが、要は自覚の問題ではないかな。父親、夫としての自覚があればこそ、家族を不幸にしないため・幸せにするために行動選択するはずであって、その自覚が足りないからいとも簡単に不倫などという愚行に走れるのではないかと思う。プロ意識を持って格闘技をやってきた魔裟斗だから、父親、夫も高い自覚を持ってやってきたんだろうなと想像する。杏ちゃんは男を見る目がなかったわけだけど、あの父親では男を見る目が養われるわけはなかったな。」

「格闘技の元世界王者。東出とは精神年齢は全然違うよ。」

「あれだけモテていた魔裟斗さんは婚姻後はしっかり家庭に入ってますもんね!魔裟斗さんの言うことには説得力ありますね!」

「魔裟斗は遊んでるように振る舞ってただけで実はそんなに遊んでないと思う。ミスターストイックと言われていた選手の方が遊んでいたというのは知る人ぞ知る話。」

「ストイックを地で行ってる魔裟斗と東出じゃ人として比べもんにならんでしょ。精神年齢じゃなくて人間性の問題だと思うし。」

「生魔裟斗さんを何度か見たことある者です。確かに、言葉足らずな部分もあると思いますが、そこが、本来の男らしさを感じさせてくれる部分でもあります。命がけで戦って来た男の中の男。惚れ惚れしますわー」

先ほどの岡村さんのコメントへの反響とは対照的に、魔裟斗さんのこの短いコメントに対しては、賛同する声一色でした。

それと、これは格闘技ファンの間では結構有名な話ですが、魔裟斗さんはキックボクサーの現役時代、ライバルの小比類巻貴之さんが”ミスターストイック”の異名で売り出されていたこともあって、その対比でチャラチャラしたイメージを持たれていたかもしれませんが、

実際は、小比類巻さんは六本木で遊んでいるのを幾度となく目撃されていたの対して、魔裟斗さんはオフシーズンも休みなく肉体改造をして外国人選手に対抗できる肉体をつくりあげるなど”超ストイック”な求道者でした。

そんなストイックな求道者の魔裟斗さんなので、結婚生活においても奥さん一筋でいる姿勢も想像に難しくありません。

ということで、東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫に対するコメントについては、バラエティの帝王である岡村さんのトークよりも、魔裟斗さんの短いコメントの方が、より多くの人の共感を得たようです。

結婚や父親としての経験が対照的な二人だからこそ、対照的なコメントになったのでしょうね。

 

以上、今回の記事では、東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫に対する、岡村隆史さんと魔裟斗さんのコメントや、それに対する世間の反響、についてお伝えしました。

以下の記事でもお話しましたが、東出昌大さんの今後はどうなるのでしょうか?