東出昌大が完全に干されてしまう7つの理由とは?杏との復縁は困難?

1月22日、週刊文春デジタルにて、女優の杏さん(33)と俳優の東出昌大さん(31)の夫婦が別居中であることが、報じられました。

杏さんと東出昌大さんと言えば、2015年に結婚してから3人の子宝にも恵まれ、これまでは誰もがうらやむような理想の「おしどり夫婦」というイメージがあっただけに、多くの人が衝撃を受けています。

そして、二人の別居の原因は、夫の東出昌大さんが3年間もの長きにわたって、女優の唐田えりかさん(22)と不倫関係にあったことにあります。

東出昌大さんと唐田えりかさんが不倫関係になったのは、2017年に公開された映画『寝ても覚めても』で二人が共演したことがきっかけでした。

2017年と言えば、杏さんが3人目のお子さんを妊娠・出産している時期と重なっているため、「ベッキーを超えるゲスっぷり」と、大きな話題になっています。

また、東出さんは今回の件で、「今後、芸能界で生きていけないのでは?」との声も多いです。(実際、早速サンスターのTVCMは打ち切られる見通しです。)

そこで今回の記事では、東出昌大さんが芸能界から完全に干されてしまう理由、東出昌大さんと杏さんが今後復縁する可能性は無いのか、などといったことについてお伝えします。

東出昌大が芸能界から完全に干されてしまう7つの理由とは?

東出昌大さんが今回の件で、芸能界から完全に干されてしまうと言われる理由とは、以下の通りです。

  1. イクメンで誠実なイメージからの負のギャップで最悪の印象に
  2. 好感度の高い杏を裏切った
  3. 世界のケン・ワタナベを敵にまわした
  4. 役者として実力が無い
  5. 本人に向上心が無い
  6. 原田龍二や袴田吉彦にはなれない
  7. 今回ばかりは杏に許してもらえそうにない

不倫や浮気をしても芸能界で生き残り続ける人たちは多いですが、東出さんの場合は、これらの理由によって、今後生き残ることが難しい状況にあります。

では、1つ1つ見ていきましょう。

イクメンで誠実なイメージからの負のギャップで最悪の印象に

冒頭でもお話しましたように、杏さんと東出昌大さん夫婦と言えば、誰もがうらやむような、芸能界きっての「おしどり夫婦」のイメージがありました。

東出昌大さんについては、3人の子供を持つ誠実なイクメンパパで、苦労人である杏さんを幸せにした優しい男性、といった印象を持っていた人も多いかと思います。(実際は、結婚する前の杏さんとの交際中から、共演者の女優達に手を出しまくっていたそうですが…。)

ですが、今回の件で、実際の東出さんは、妊娠中の杏さんをほったらかして、共演の当時未成年だった女優の唐田えりかさんと不倫関係になり、しかもその後3年も関係を続けていたわけです。

また、杏さんに浮気のことを問いただされると逆ギレしたり、夜中に酔っぱらって友人を連れて家に帰ってきて杏さんにツマミを作らせたり、家に帰ったタイミングで夕食が用意されていないと激高したり、そんなエピソードもボロボロと出てきています。

人は、良いと思っていたものが、実は悪いものだとわかると、「負のギャップ」が働き、それに対する印象が最悪になります。

例えば、優等生の学級委員長がカンニングしていたとが発覚すると負のギャップで最悪の印象になったりしますが、それと同じ現象が東出さんに起きているわけです。(反対に、ヤンキーが子犬を助けたりすると、正のギャップで印象がメチャクチャ良くなったりします。)

誠実でイクメンで優しい男性をウリにしていた東出さんだけに、今回の件は致命傷になってしまったわけです。

好感度の高い杏を裏切った

東出さんの奥さんである杏さんは、仕事も家庭も完璧にこなす「自立した女性」のイメージが強く、幅広い年齢層の女性から支持されている好感度の高い女優です。

ハッキリ言って、東出さんの好感度がこれまで高かったのも、「好感度の高い杏さんの旦那」だからこそです。

東出さんが役者としての演技力がイマイチだったのに、視聴者から温かい目で成長を見守られていのも、「苦労人の杏さんを支える優しい旦那さん」のイメージがあったからです。

そんな幅広い年齢層の女性から支持されている好感度の高い杏さんを裏切ったら、視聴者からどう見られるかは、容易に想像がつきますよね?

しかも、杏さんと言えば、父親で渡辺謙さんの度重なる不倫によって、人生をメチャクチャにされてきたわけですから、信頼していた夫にまで裏切られてしまったら、その精神的ダメージは計り知れません。

世界のケン・ワタナベを敵にまわした

杏さんの父親である渡辺謙さんと言えば、真田広之さんと並んで、ハリウッドでも長年活躍している数少ない日本人俳優です。そして、当然のことながら、日本の役者の世界でも、影響力を持つ人物です。

以下の記事でもお話しましたように、渡辺謙さん自身も数々の女性と関係を持ち、前妻である南果歩さんが乳がんで闘病中に、他の女性と関係を持つなど、東出さん以上に女性関係が奔放です。

それ故に、現在は杏さんとの親子関係は絶縁状態とも言われています。

・・・とはいえ、渡辺謙さんの立場からすれば、「杏と3人の孫」と「東出昌大」の2択の場合、どちらの味方になるでしょうか?

当然のことながら、「杏と3人の孫」を選びますよね?

そうなれば、東出昌大さんは、世界のケン・ワタナベを敵にまわすことになるわけですが、日本の役者の世界で生きていくのが難しくなるのは間違いありません。

役者として実力が無い

もし杏さんと離婚することになったり、渡辺謙さんを敵にまわすことになっても、東出さんに役者としての実力があれば生き残っていける可能性はあるかもしれません。

例えば、窪塚洋介さんは、自宅マンションの9階から飛び降りたり、長期間育児休業をしたりと、長らく俳優業から遠のいていた時期がありましたが、近年ではハリウッド映画『沈黙 -サイレンス-』に出演するなど、また俳優として注目を浴びています。

また、実力のあるミュージシャンやお笑い芸人は、浮気や不倫をしても「芸の肥やし」で済まされて、ノーダメージの人も多いです。

なので、俳優としての実力やカリスマがあれば、事件やスキャンダルを起こしても、生き残っていくことができるわけですが、残念ながら東出さんにはそれがありません。

社会学者の古市憲寿さんが東出さんの演技について、「なんか、東出さんの演技ってロボットっぽいですよね。」と評していましたが、セリフ棒読みの木偶の坊の大根役者というのが、大方の見方です。

ですから、「杏さんの旦那」という肩書きを失ったら、東出さんが役者として生き残るのは難しいのではないでしょうか?

本人に向上心が無い

たとえ今東出さんが大根役者であっても、役者としての向上心があれば、将来的に化ける可能性はあるかもしれません。

例えば、阿部寛さんも東出さんと同じく189cmの長身のイケメン俳優でしたが、若い頃は演技力があったとは言い難く、長年不遇の日々を過ごし、一時期はパチンコで生計を立てていたそうです。

ですが、阿部さんには、役者としての向上心があったので、つかこうへいさんの舞台や、名優である役所広司さんとの共演などの経て脇役として力を付けていき、30代後半になってドラマ『TRICK』で一気にブレイクしました。

もし、東出さんに阿部寛さんのようなメンタルや向上心があれば、役者として再ブレイクする可能性はありますが、残念ながら、彼の頭の中は「性欲>>>>>>>>>俳優業」といった感じです。

ある人が、バーベキューで結婚前の東出さんと話した時、「あの女優はあそこが可愛い」とか「ああいう女は〇〇だ」などと、9割が女性の話ばかりだったそうです。

そして、その人が芝居に関する専門用語を織り交ぜて彼に話したところ、その用語の意味がわからない様子で、「女のことばっか考えてないで、少しは芝居の勉強しろよ」などと思い、呆れかえってしまったそうです。

結婚前の若い頃であれば20代前半ぐらいですから、頭の中が異性のことでいっぱいなのも無理も無いのかもしれませんが、東出さんの今回の件を見る限り、既婚者で3児の父になって30歳を超えた今でも、頭の中は変わっていないような感じがあります。

原田龍二や袴田吉彦にはなれない

近年、浮気や不倫をした俳優やタレントが、ダウンタウンの年末番組に出演して、再ブレイクするケースがあります。

例えば、「4WD」の原田龍二さん、「アパ不倫」の袴田吉彦さん、などです。

ですが、東出昌大さんの件が、彼らと違うところは、「奥さんの知名度と好感度が高すぎる」点です。

原田さんの奥さんも、袴田さんも元奥さんも、元タレントではありますが、現在は芸能活動はしていないため、多くの視聴者の人からすれば、どんな人なのかイメージが湧きにくいです。

一方、東出昌大さんの奥さんは「杏さん」です。

多くの人は、杏さんが両親の不倫や借金や離婚にふりまわされ、大学を自主退学をして芸能界に入ってきたりと、さんざん苦労してきたというバックストーリーも知っているため、彼女に同情や共感をするわけです。

なので、東出さんがダウンタウンの年末番組に出演したところで、原田さんや袴田さんのように、「笑って済まされるのか?」という問題があるわけです。

また、先ほどお話しましたように東出さんは大根約者なので、原田さんや袴田さんにように、はっちゃけた演技ができるのか、という点もあり、お笑いの視点から見ても、おいしい素材なのかどうか疑問符が付きます。

ですから、東出さんが、原田さんや袴田さんのように、ダウンタウンの年末番組に出演して再ブレイクするケースも考えにくのではないでしょうか?

今回ばかりは杏に許してもらえそうにない

「杏さんの旦那」という肩書きゆえに売れていた東出さんにとって、芸能界で生き残るための最も有効な方法は、杏さんとの復縁でしょう。

東出さんが杏さんからもし許してもらって復縁すれば、彼がダウンダウンの年末番組ではっちゃける姿もギリギリ許されるような気がします。

東出さんの事務所によると、「今回の別居は離婚へ向かうものではなく、なんとか修復へのステップを踏むための冷却期間と聞いております。」とのことで、東出さんとしては杏さんとの関係修復をのぞんでいるようです。

ですが、これについて、芸能リポーターの井上公造さんは「事務所の発表は東出さんの本音であると思いますが、杏さんはそうは考えていないと、僕の取材ではそう思います」と、コメントしています。

そして、井上さんは「(東出さんと唐田さんの)浮気騒動は2度や3度ではない。毎回毎回、東出さんは杏さんに浮気の証拠は全部押さえられたそうなんです。結局、問答無用の状態で、もう連絡取らない、別れると。その約束を数回反故にされてしまうと我慢の限界というか。この別居は我慢の限界にいたっての別居」と解説しています。

つまり、今回ばかりは杏さんの我慢の限界という状況なのです。

1度たけの出来心ならともかく、3年間も不倫関係を続けてきたわけですから、杏さんの離婚への意思は固いのではないでしょうか?

そうなると、「杏さんの旦那」という肩書きを失った東出さんが芸能界で生き残るのは難しくなってくるわけです。

東出昌大と杏の関係修復は不可能?離婚間近?

今回のお話いかがでしたでしょうか?

今後、東出昌大さんが芸能界で生き残っていけるか否かは、杏さんと関係修復できるか否かが、最大のカギになってくると思います。

芸能界においては、ダウンタウンの浜田雅功さんと小川菜摘さんの夫婦のように、夫が幾度となく浮気をしても、妻が許すケースもあります。

ですが、杏さんと東出さん夫妻の場合は、杏さんの方が稼いでいる「格差婚」でもあるので、杏さんが長年にわたる不倫をしていた東出さんを許す理由がありません。

やはり、芸能リポーターの井上公造さんが暗に指摘しているように、今回の別居は離婚へ向かっていくのではないでしょうか?

そして、杏さんの旦那さんで無くなった、東出さんは「ただのノッポのおじさん」になってしまうのでしょうか?

 

ということで以上、今回の記事では、東出昌大さんが芸能界から完全に干されてしまう理由、東出昌大さんと杏さんが今後復縁する可能性は無いのか、などといったことについてお伝えしました。

尚、以下の記事にありますように、今回の不倫騒動によって、東出さんの不倫相手である唐田さんにも、影響がではじめているようです。