ハケンの品格が13年ぶりに復活!続編のキャストは?ロケ地はどこ?

2007年に日本テレビ系で放送された、篠原涼子さん(46)の主演のテレビドラマ『ハケンの品格』が、13年ぶりに復活し、4月期の水曜午後10時~のドラマ枠で放送されることが発表されました。

『ハケンの品格』は、日本の会社組織の様相を、派遣社員の視点から描いたドラマで、平均視聴率20%以上と大ヒットした作品です。

篠原涼子さん演じる・派遣社員の大前春子の仕事に対する姿勢や、派遣労働者のリアルな描写が、多くの視聴者の共感を得ていました。

そんな『ハケンの品格』の続編は2020年が舞台となるわけですが、13年前と比べると経済状況や労働者を取り巻く環境は大きく変化したため、どのような内容になるのか大変興味深いですよね?

また、篠原涼子さん演じる・主人公の大前春子をはじめ、13年後の世界では登場人物達がどのように変化しているのかも、気になるところですよね?

そこで今回の記事では、13年ぶりに復活するハケンの品格の続編はどのような内容になるのか、キャストは誰になるのか、さらにはロケ地ははどこになるのか、といったことについてお伝えします。

ハケンの品格が13年ぶりに復活!…続編の内容とは!?

13年ぶりに復活するハケンの品格の続編の脚本は、前作と同様に中園ミホさんが担当しています。

中園さんは、前作の脚本を書く際、実際に何人もの派遣社員の女性達と会って何度も取材し、さらには飲み会も定期的に開いて、彼女達の本音や派遣社員の実態を克明にリサーチしていたとのことです。この徹底した取材とリサーチが、前作のリアルな描写につながっていたようです。

そして、中園さんと派遣社員の女性達との交流は現在も続いているようで、「今もハケンの皆さんを取り巻く環境は改善されず、むしろ厳しくなっていると感じます。それでも、笑顔で働き続ける彼女たちこそ日本の宝!と私は思います。全ての働く女性たちにエールを送れるよう、新たな『ハケンの品格』に取り組んでいます」と、続編への意気込みを語っています。

前作の2007年から続編の2020年の13年の間には、2008年にはリーマンショックによる派遣切り、2014年と2019年の二度にわたる消費増税、さらには2020年からは働き方改革が本格的にスタートするなど、労働者を取り巻く環境はめまぐるしく変化しました。

また、ここ20年は、先進諸国の労働者の実質賃金が上昇し続けている中、唯一日本だけが労働者の賃金が上がらずに横ばいというデータもあり、厳しい実状となっています。

中園さんの脚本ですから、ハケンの品格の続編でも、こういったリアルな実状が盛り込まれていることが予想されます。

そして、主演の篠原涼子さんは2008年と2013年に二度の出産と経験し二児の母となっていますが、続編では、主人公の大前春子も同様に二児の母として働く女性として描かれるのではないでしょうか?

ハケンの品格が13年ぶりに復活!続編のキャストは誰になる?

前作の『ハケンの品格』が大ヒットしたのは、練り込まれた脚本はもちろんこと、主演の篠原涼子さんをはじめとする魅力的なキャスト陣も大きな要因と言えるでしょう。

では、続編ではどのようなキャスト陣になっているのか予想してみましょう。

前作では主人公・大前春子は「ハケンライフ」という派遣会社に登録している派遣社員で、そこから大手食品会社の「S&F」という会社に派遣されていました。

ですが、前作の最終回では、大前春子は「ハケンライフ」を通さずに「S&F」と直接社員契約をする「契約社員」となっている様子が描かれています。

なので、続編でも大前春子の職場は「S&F」である可能性が高く、そこの社員達も登場する可能性は高いです。また、あくまでも派遣社員がテーマのドラマなので「ハケンライフ」のスタッフも登場するでしょう。

そうなると、篠原涼子さん以外では、小泉孝太郎さん、大泉洋さん、 安田顕さん、あたりは確実に続編でもキャスティングされるのではないでしょうか?

前作では、小泉孝太郎さん演じる里中賢介と、大泉洋さん演じる東海林武は、いずれの30歳前後で主任でしたが、続編では40代となり課長職になっているかもしれませんね。

ただ、前作で「S&F」営業事業部長である桐島敏郎を演じていた松方弘樹さんは、2017年に亡くなられていますので、この管理職にポジションには新たに50代60代のベテラン俳優がキャスティングされることになるでしょう。

吉田鋼太郎さんあたりはハマりそうですが、現在NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で松永久秀役なので、それは無さそうですね・・・。

また、前作では加藤あいさんが20代前半の派遣社員である森美雪を演じていましたが、続編でもこのような若い派遣社員役がキャスティングされるかもしれませんね。

ハケンの品格が13年ぶりに復活!続編のロケ地はどこ?

ハケンの品格の続編のロケ地についてですが、前作同様に「ハケンライフ」や「S&F」での撮影が多くなりそうなので、丸の内周辺のオフィス街がメインになるのではないでしょうか?

また、S&Fの社員食堂は日本テレビの社員食堂だったので、日本テレビタワー周辺での撮影も多くなるでしょう。

それと、前作では主人公・大前春子は「cafe cantante」に居候していましたが、続編では結婚して別の場所に引っ越していそうですよね。

ちなみに、前作の主なロケ地は以下の通りです。

前作『ハケンの品格』の主なロケ地
  • S&F社…丸の内北口ビル(東京都千代田区丸の内1丁目)
  • ハケンライフ社…丸ビル(東京都千代田区丸の内2丁目)
  • S&Fの社員食堂…日本テレビタワー・日本テレビ社員食堂(東京都港区東新橋1丁目)
  • 大前春子が居候している「cafe cantante」…両山堂印刷所(東京都台東区池之端2丁目)
  • 東京STB信託銀行…旧第一銀行横浜支店(神奈川県横浜市中区本町6丁目)

民放テレビ局は広告収入の減少により、テレビドラマの制作費もかなり減っていると言われていますので、ロケ地についても極力コンパクトな範囲になるのではないでしょうか?

ですが、『ハケンの品格』はドラマの性質上、低予算でも素晴らしい作品になる可能性はじゅうぶんにあります。

ぜひとも、前作同様に私達が共感できるような、スカッとできるような、そんなドラマになることを期待したいですね。

 

ということで以上、今回の記事では、13年ぶりに復活するハケンの品格の続編はどのような内容になるのか、キャストは誰になるのか、さらにはロケ地ははどこになるのか、といったことについてお伝えしました。

それでは最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。